HOME » 機器分析部門 (機器分析部門利用手順)

機器分析部門利用手順

利用者登録 原則として年度始めに利用予定者(原則として学内在籍者)を登録していただきます。
利用申込み 各機器で用紙が異なります。施設事務室に提出して下さい。必要に応じて施設利用証(玄関入口カード)を発行いたします。
装置の利用 利用者自らが装置を運転していただきます。
運転日誌 利用者が利用状況をノートに記入します。異常があった場合はただちに施設職員に連絡してください。
研究成果を公表される場合 機器分析部門を利用した旨を明記し、その論文等の写しを提出して下さい。機器分析部門利用報告書発行の資料にさせていただきます。
※それぞれの申込み用紙は施設事務室に用意してあります。
  • 高分解能核磁気共鳴装置…………………………………………………利用に関する取扱い(PDF
  • EPMA(多モードトポ解析システム) …………………………………利用に関する取扱い(PDF
  • クロスセクションポリッシャー(多モードトポ解析システム)……利用に関する取扱い(PDF
  • カーボン蒸着及び白金スパッタ(多モードトポ解析システム)……利用に関する取扱い(PDF
  • XPS(多モードトポ解析システム) ……………………………………利用に関する取扱い(PDF
【お問合せ先】
三重大学社会連携チーム
TEL:059-231-9078(内線9078)